箱根湯本でみる・体験する

箱根湯本の歴史と文化・豊かな自然を体感ください

早雲寺 そううんじ

[ジャンル] 史跡・文化財

箱根湯本駅から歩いて15分のところにある戦国武将ゆかりの古刹

早雲寺は臨済宗大徳寺派の古刹です。大永元年(1521)北条早雲の息子氏綱により創建されました。小田原北条家の菩提所として栄えましたが、天正18年(1590)秀吉の小田原攻めの際に焼失しました。現在の伽藍は江戸時代再建以降のものですが、北条五代画像をはじめ戦国時代・江戸時代の文化をしのぶ多くの文物が伝えられています。11月初旬の3日間、本堂の襖絵と寺宝を特別公開しています。

特徴
  • 見る
  • 春におすすめ

おすすめのポイント

鐘楼の前の梅の木は、徳富蘆花が「自然と人生」の中でふれた古木です。
1月から2月まで境内の紅梅と白梅が咲き始めます。
3月末から4月中旬にかけ紅枝垂桜・御衣黄等の桜が開花します。
本堂裏の早雲寺林はスダジイ・カシなど常緑の広葉樹林(県の天然記念物)で7月上旬には貴重なヒメハルゼミの合唱が聞けます。

自然と一体になった禅寺の風光を感じながら、北条五代の歴史と文化に思いを馳せてください。

施設概要/基本情報

施設名
早雲寺  (そううんじ)
住所
250-0311                                            
神奈川県足柄下郡箱根町湯本405                                            
アクセス
箱根湯本駅から徒歩15分
お問い合わせ
0460-85-5133(受付時間9:00~16:00)
ホームページ
http://www.souunji.jp

箱根湯本の楽しみ方

神奈川県足柄下郡箱根町湯本へ。 新宿より約85分 羽田より約110分

より詳しいアクセス情報はこちら